模写せず、のほほんと。


あくまでも、

「 わたしの場合は 」、

である。




よく、
絵が上達する方法として、
『 模写 』が挙げられる。

尊敬する画家の
絵をよく観察して、
実際に真似することで
感覚をつかんでいく。




わたしは、
模写をしたことはないが、

「 雰囲気を取り入れてみよう 」

と、思ったことなら、ある。

雰囲気を取り入れることで、
その画家のエッセンスが
絵に取り込まれることを
期待しながら、
色を置いていった。




しかし、キマらないのだ。




描いても、
描いても、
しっくりこない。
おさまらない。

一方、何も考えずに、
ぼ〜っと描いたものは、
すぐにキマる。

偉大なる画家の
エッセンスであっても、
少なくとも、
わたしの絵には邪魔なもの
なのかもしれない…
と、思った。




抽象画2年生
にもかかわらず、
これでいいのだろうか?
少しは謙虚さも必要ではないか?
と、考えた。

しかし、
抽象画は自由な場所だ。
表現に好き嫌いはあれど、
正解は無い。

正解が無いということは、
何でもアリ、
ということでもある。

「 だったら、 まあ、これでいいかな… 」

という気持ちで、
のほほんとやることにした。




軍司倫岬

0コメント

  • 1000 / 1000