人生で初めて、絵が売れた日。


今日、はじめて、

わたしの描いた作品が

売れました。





描きはじめた頃は、

だれかに手渡したくない。

ずっと自分が持っていたい。

と、思ってました。


しかし、

以前ブログでも書いた通り、

収納スペースに

入りきらなくなったので、

手放すことに決めました。





今日、実際に、

作品をお渡ししたとき、

そこにあった感情は、

寂しさや、後悔ではなく、


自分の作品が

世界に広がっていく

喜び、でした。


うれしい。


ほんとうに、うれしい。





泥臭く、地味な作業を、

ずっと繰り返してきました。


それは、まるで、

ぬかるみに足を取られながら、

暗闇の中を

一人で歩いているようで、

前に進まないもどかしさや、

少しの恐怖がありました。


しかし、今日、

一筋の光が見えたような、

ようやく前に進めたような、

そんな気がしました。





もっと、

自分を信じていきます。





軍司倫岬

0コメント

  • 1000 / 1000