何のために、描くのか?


紀元前3万年頃に

描かれたとされる、

洞窟壁画。


最も有名なのは

ヨーロッパのものだが、

アフリカやインドネシアなど、

世界各国で、

今も、発見されている。





しかし、洞窟壁画は、

『 美 』のために制作されたもの

ではない、とされている。


日常から離れた

非日常的な、

洞窟という真っ暗な場所に、

年に数回、わざわざ訪れ、

壁画を描いていた、らしい。


「 いったい、何のために? 」


最も多いのは、

呪術や祈祷というような、

特殊な目的を持っていた

という見解である。





「 いったい、何のために? 」


この問いを前にして、

わたしの思考は、

止まった。





わたし自身も、

好きで絵を描いているわけではなく、

描いている最中に、

「 楽しい 」「 面白い 」

と感じることも、ない。


「 いったい、何のために? 」


もしかして、

わたしは、何かを、

祈っているのだろうか?





わたしにも、よくわからない。





軍司倫岬

0コメント

  • 1000 / 1000